2007年06月22日

ツマブキ聡(妻夫木聡)ウォーターボーイズってサイコー!

ツマブキ聡(妻夫木聡)ウォーターボーイズをツタヤディスカス(ツタヤオンライン)TSUTAYAレンタルして、観ちゃいました!
というのも、わが市に「ウォーターボーイズ」のショーが来るからです!
このウォーターボーイズ(WB)のショーは、映画ウォーターボーイズやテレビドラマウォーターボーイズで、演技を指導した「トゥリトネスWB」が公演します。

cover
ツマブキ聡(妻夫木聡)「ウォーターボーイズ」


生の”男のシンクロ(シンクロナイズドスイミング)”を見たかったので(笑)、
いまさらですが、あわててツマブキ君主演の映画ウォーターボーイズを見たというわけです。

映画からフジテレビでテレビドラマ化されて、
しかもフジテレビではウォーターボーイズ2やウォーターボーイズスペシャル版(完結編)まで作られたほどの大人気作品ですから、
やっぱりすっごくおもしろかった!!


ストーリーは、
男子高校3年生の鈴木君(ツマブキ聡)が、
ただ一人の水泳部部員でした。

水泳大会の試合で、
ツマブキ聡君がゴールしたら、まわりに誰もいない!
優勝か??
と喜んだら、「早く上がれよ」と・・・

すっごいビリでした(爆)。

落ち込んだツマブキ君は、帰るとき、
女性のシンクロナイズドスイミングの競技を偶然見ます。

そこから、シンクロへの道が始まっていきます。


ウォーターボーイズの矢口監督の「スイング・ガールズ」もすごくおもしろかったけれど、
ウォーターボーイズと同じように、
地方の高校が舞台。

そして落ちこぼれの高校生たちが、
皆で同じ目的に向かってがんばる、青春群像劇です。


このウォーターボーイズの青春群像劇も、
見ているとパワーやエネルギーを与えられる感じ。

とっても元気になれます。


しかも、漫画家の内田春菊が出ていたり、
谷啓が出ていたりと、
ちょこちょこ知っている顔が出てきて、とっても楽しいです♪


「ツマブキ聡(妻夫木聡)/ウォーターボーイズ」のトップページに戻る



posted by ツマブキウォーターボーイズ at 09:42| ツマブキ聡(妻夫木聡)/ウォータ−ボーイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。